FxProのスプレッドはやや広い?通貨ごとに説明する

14 9月 , 2016 FxPro 取引

FX業者で口座を開設するときに確認するのは業者ごとに違うスプレッド。国内のFX業者ではスプレッドが狭いことを売りにして集客している業者もありますが、海外FX業者であるFXProはどうでしょうか。

一般的にFX会社に支払う取引手数料のようなものと言われているスプレッドについてFXProで取引した場合について、スプレッドの仕組みと一緒に説明していきましょう。

FXでよく聞くスプレッドって?

国内、海外ともにFX業者で取引用の口座を開設しようとしたときに、口座の開設料金はもちろん無料、取引手数料も無料の業者がほとんどです。

ここで1つ気になるのがFX業者も企業なのでどこかで利益を出さなければ立ち行かないということ。

実はFX業者は「取引手数料」と名前がつくものはトレーダーから徴収せずに、業者ごと、そして通貨ペアごとに設定金額の違う「スプレッド」を取引コストとして利益を得ています。

FXスプレッド

FX取引をするときには上のFXProのサイト画像の通り2つの金額の画面、Bid(売値)とAsk(買値)が出ており、2つの金額は同額ではありません

例えばアメリカドルと日本円の取引で1ドルのBid(売値)が102.707円、Ask(買値)が102.721円だった場合だとその差は1.4銭になり、同じ時刻にドルを買って円を売ると1.4銭の損になるということです。

つまりは売値と買値の差額をスプレッドとしてFX業者は設定し、差額から利益を得ているということになり、トレーダーの立場から言えば市場価格プラスFX業者の設定スプレッドで通貨の売買をするわけですから、スプレッドは狭い業者のほうが人気になりますね。

FxProのスプレッドは?

それではここでFXProが設定しているスプレッドをみていきましょう。

FXProの場合は日本国内のFX業者と違ってスプレッドを日本の通貨の「~銭」ではなく「pips」で表しています。

1pip=通貨の最小単位の100分の1です。

例えば日本円の最小単位は1円ですので、100分の1で割ると1銭になりますので、日本円との通貨ペアでの取引は1pip=1銭と簡単ですね。アメリカドルの場合は最小単位の1セントの100分の1が1pipsということです。

FXProは固定スプレッドと変動スプレッドの2種類がある!

現在日本のFX業者の多くは原則固定スプレッドの業者が多く、FXProのような海外FX業者の多くは原則固定スプレッドに加えて変動スプレッドを採用しています。

原則固定スプレッドについてはその名の通りでスプレッドは常に一定(ただし有事の場合は変動あり)、変動スプレッドはFX業者の設定する一定の幅の間でスプレッドの金額が変動し続けるというものです。

MT4口座とcTrader口座でもスプレッドが違う!

さらにFXProの場合は口座の種類によってもスプレッドの設定値が異なります。口座タイプごとの特徴については、FxProの口座タイプについて。取引前に必ず確認!の記事で確認をしてみましょう。

FXProで取引できる主要通貨のスプレッド一覧

主要な通貨のスプレッドは以下の表の通りですが、詳細はFXProのWebページ、スプレッド と 価格からも確認ができます。

スプレッド2

ここで注目すべきはcTrader口座のスプレッドの低さです。(※ただしcTraderでの取引には取引手数料がかかります。)

日本国内のFX業者でも大手であるDMM.FXや老舗のヒロセ通商のUSD/JPY取引のスプレッドは0.3銭となっていますので国内FX業者に引けをとらない狭さになっていますね。

また、FXProではスプレッドをWeb上で公開しているだけでなく、他の海外FX業者が提供しているスプレッドと比較がライブでできるようになっていますので要チェックです。

スプレッド比較

FxProスプレッド比較(ライブ)

国内FX業者と比較するとやや広いスプレッド、ただしスプレッド以外のメリットが!

いかがでしたでしょうか。国内のFX業者のスプレッドと比較すると海外FX業者のスプレッドは広くなっているか、もしくは口座の種類によっては国内よりも狭いスプレッドで取引ができることが分かりました。

しかしながら、海外FX業者と国内FX業者を比較したときにスプレッドの狭さだけで業者を決めるのは早計です。

0I9A105515030124meganechira_TP_V

FXProなどの海外FX業者で口座を作るメリットは安心のゼロカットシステムNDD方式を採用していることなどもありますので総合的に判断することが必要です。

以下の記事も要チェック!

・ゼロカットシステムについて→FxProって追証あり?ゼロカットシステムがあるのか

・NDD方式について→FxProってNDD方式?そもそも取引方式ってなに?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です