FxProの入出金方法!オススメの方法まで解説する

22 9月 , 2016 FxPro お役立ち

海外のFX業者で取引をするときに気になるのは資金の入金や出金の方法。

海外にある業者の口座へ入金や出金を依頼するわけですから手数料がかかったり、資金の反映まで時間がかかったりするのでは?という心配もありますよね。

海外FX業者の老舗であるFXProの場合はどうでしょうか。実は最近では海外FX業者であっても日本国内の銀行に送金できたりと入出金が便利になっています。おススメの入出金方法とあわせて詳しく解説していきましょう。

YOTA82_nanigaokotta15122053_TP_V

FXProは国内銀行送金ができる!

海外FX業者との取引は今までは海外の銀行口座へ送金するという方法が一般的で時間や手数料がかかるところがほとんどでしたが、最近ではFXProのようにFX業者の日本国内の銀行口座へ入金ができるようになっています。

FXProが対応しているのは三井住友銀行。FXPro側で入金にかかる手数料は無料ですが銀行側での送金手数料はかかりますので注意しましょう。

今までの海外銀行への送金ですと反映までは2-7営業日程度かかっていましたが、国内銀行への送金ですと大幅に入金反映までの時間が短縮されており、30分から3時間以内とスピーディーになりました。

ただし出金に関してはFXPro側では1営業日で処理されますが、自身の銀行口座までの反映は銀行ごとに異なり7営業日程度かかる場合もあります。

海外FX業者ではクレジットカードが使える!もちろんFxproでも

日本のFX業者の入金方法はほとんどの業者が銀行振り込みでの入金のみとなっていますが、海外FX業者の場合はなんとクレジットカードやデビットカードでの入金や出金が可能になっています。

FXProの場合、入金できるカードの銘柄はVISAとMasterCardの2種類です。入金の場合、資金の反映までは通常10分~1時間程度でスピーディーですし、手数料は日本国内発行のカードの場合は1.6%となっています。

PAK63_visamaster20140531-thumb-autox1600-17105

出金の場合は1営業日とFXProのホームページにはありますが、クレジットカード入金分については「返金」の扱いになりますので、口座への入金までカード会社側の処理で2週間程度時間がかかる場合もありますので注意が必要です。

次のクレジットカード入出金での注意点で詳しくみてみましょう。

※クレジットカードでの入出金の注意点※

クレジットカードを使っての入出金は手軽ですが、注意点もありますので要チェックです。

まず、クレジットカードで入金する=クレジットカードのショッピング枠を使う、ということになります。例えばFXProの口座に50,000円クレジットカードで入金をしたとすると、街で50,000円のショッピングすることと同じことになるということですね。

例えば50,000円入金してから利益がプラス50,000円発生して合計で10万円出金したいという場合は、50,000円はクレジットカードへ「返金」となり残りの5万円はトレーダー側の指定する口座へ振込みをおこなうということになります。

クレジットカードでの入金金額以上の出金はクレジットカードへの「返金」以外の方法になることを覚えておくとよいでしょう。

おススメは電子マネーでの入出金

クレジットカードの場合と同様に海外FX業者で使える便利な入出金方法に電子マネーでの入出金があります。

電子マネーは電子マネーの口座(アカウント)へクレジットカードや銀行振り込みなどで入金をおこない、電子マネー口座からFX業者の口座へ入金をおこなう仕組みになっています。日本国内ではEdyや交通系のICカードに電子マネーが搭載されており日常生活でも馴染みがありますね。

FXProで取り扱いのある電子マネーは3種類。NetellerSkrillPayPalがあります。

電子マネーでの入金の場合は手数料についてはNeteller、Skrillは無料、PayPalは2.7%の手数料がかかりますが、口座への反映はクレジットカードと同じくらいのスピードで10分以内と即時に反映されるようになっていますね。

出金手数料も3種類とも原則無料です。(取引を行わずに出金手続きをおこなった場合には、PayPalとSkrillでは2.6%の手数料が加算)出金も1営業日で処理がされますのでスピーディーですね。

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

クレジットカードとの大きな違いは、電子マネー口座への入金がクレジットカード以外の銀行やATMからの振込みでも対応しているため、入金の限度額がないということと出金のときにも電子マネー口座と銀行口座を選べるようになっていることです。

また、電子マネー口座は海外FX取引以外にもオンラインゲーム、オンラインショッピングなどのサービスでも使え非常に便利ですのでこの機会に1つ作ることをおススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です